競馬(JRA)の2chまとめ・ツイッターのまとめ

競馬(JRA)の2chのまとめ・ツイッターのまとめなどです…。競馬ファンの皆様は是非チェックしてみて下さい。

    asa

    2014年10月

    5
    スワンステークス予想のまとめ|2ch・予想など

     一流マイラーとスプリンターが集うGIIスワンS(11月1日、京都、芝1400メートル)。勝ち馬にはマイルチャンピオンシップ(11月23日、京都、GI、芝1600メートル)の優先出走権が与えられる。一昨年の勝ち馬グランプリボスは次戦のマイルCSで2着に入り、前年の覇者コパノリチャードは今春の高松宮記念を制した。のちのGIにつながる重要なレースだ。

     注目は3歳馬ミッキーアイル(栗東・音無秀孝厩舎、牡3歳)。未勝利からNHKマイルCまでの5連勝をすべて逃げ切りで決めた快速馬だ。古馬初対戦の安田記念は16着に沈んだが、不良馬場で参考外の競馬だったか。持ち味のスピードが生かせる良馬場なら、古馬とも対等に戦えるだろう。23日の1週前追い切りでは坂路で僚馬クリソライト(オープン)を4馬身ぶっちぎるパフォーマンス。あとは初の1400メートルで自分の形に持ち込めるかどうか。精神面の成長が鍵となる。

     一昨年のマイルCSの覇者サダムパテック(栗東・西園正都厩舎、牡6歳)は、今年の中京記念で1年8カ月ぶりの復活Vを飾った。前走の京成杯オータムハンデキャップ(8着)はスローペースで流れが向かなかったが、きっちり自分の脚は使っている。京都は7回走って掲示板を外したのが1回のみと得意なコース。6つ目の重賞獲得のチャンスだ。

     フィエロ(栗東・藤原英昭厩舎、牡5歳)は今年の成長株。1000万下から3連勝でオープン特別の六甲Sを制し、続くマイラーズCでもコースレコードの2着と非凡な能力を証明した。GI初挑戦となった安田記念では8着に敗れたが、晩成型だけに夏を越してさらなる変身があるかもしれない。

     他にもガルボ(美浦・清水英克厩舎、牡7歳)、ベルカント(栗東・角田晃一厩舎、牝3歳)といった重賞勝ち馬や、京都得意のサンライズメジャー(栗東・浜田多実雄厩舎、牡5歳)、NHKマイルC2着のタガノブルグ(栗東・鮫島一歩厩舎、牡3歳)、今年に入っての地力強化が目立つバクシンテイオー(美浦・堀宣行厩舎、牡5歳)など好メンバーがそろっている。

     
    スワンステークス-昨年の動画
     
    【スワンS予想いろいろなまとめ】の続きを読む

    5

    ファインモーション|秋華賞名馬

     

    いよいよ今週、秋華賞ですね。G1レースがたくさん続きますね。

    秋華賞の名馬を紹介します、




    meib




     

    ファインモーション

    2002年の秋華賞の勝ち馬ですね。

     
     
    ユタカ様が強かったですね…!!
    このレース実際にライブで見ていますけど
    強さは半端なかった…
     
     
    その後、エリザベス女王杯でも強かった
     
     
     
     
    古馬では札幌記念などを勝利
     
     
     
    ファインモーション
    父-デインヒル
    母父-Troy
     
    主な勝利
    2002年 秋華賞
    2002年 エリザベス女王杯
    2003年 阪神牝馬S
    2004年 札幌記念
     
     
     

    このページのトップヘ