オークスで人気確実、ルージュバックは不安度満点



競馬で激アツの無料予想を激アツ
カウントアップ

no title

 

 

 桜花賞は5番人気の伏兵レッツゴードンキが2着に4馬身差をつけて鮮やかに逃げ切った。それでもオークスは混戦模様。桜花賞で断トツの人気を集めながら9着に惨敗したルージュバックの存在が大きいからだ。桜の大本命の劇的な復活はあるのか。汚名返上がかかるルージュに今回も注目が集まる。

 牝馬3冠の2戦目も、話題の中心はルージュバックだ。デビューから3戦3勝で駒を進めた桜花賞で、単勝1・6倍と断然の支持を集めたが、まさかの9着に散った。

 「桜花賞は馬場やペースなど複数の要因が重なった。いつも通りにと思って臨んではいたが、(人間に)力が入ってしまっていたのかも」

 大竹調教師が前走の敗因を口にした。初のマイル戦。良馬場とはいえ、やや湿って荒れた馬場。GIでは異常な超スローペース。さらに他馬のマーク…。桜花賞を1番人気で負け、オークスで巻き返した馬は3頭いるが、果たしてルージュバックは!? 前走後、短期放牧に出て、美浦へは今月12日に帰厩。16日の追い切りは馬なりでWコース6ハロン81秒4-12秒6と迫力十分だった。トレーナーは「動き自体は良かった。馬は新馬のときのようなフレッシュさがあるし、体の張りもいい」と雰囲気はいい。

 さらに、桜花賞馬レッツゴードンキにも不安がないわけではない。今までよりマークがきつくなることが予想され、短距離向きの母系だけに800メートルの距離延長が鍵となる。同2着のクルミナルやトライアルのサンスポ賞フローラS覇者シングウィズジョイ、忘れな草賞を勝ったミッキークイーンなど有力馬も多く、混戦に拍車をかける。

 今回は「挑戦者として」(大竹調教師)臨むルージュバック。最高の回答を出せるか。

 
 

 桜花賞9着からの巻き返しを期すルージュバック(大竹)は12日に帰厩。追い切り2本で臨むことになるが、16日にはWコースでさすがの動きを披露した。大竹師は「少ない本数でレースを迎える経験がないので、やってみないと分からないところはある」と慎重ながらも「馬体の張りが良くフレッシュな印象」と状態面には好感触。最終追い切りの動きが注目される。

 今週の日曜東京メーンはオークス(G1、芝2400メートル、24日)が行われる。

 

 桜花賞で9着に敗れたルージュバック(大竹)が復権へ意欲満々だ。12日にノーザンファーム天栄から帰厩。16日に初時計となる1週前追いをウッドで行った。

 単走で終始馬なりも、軽快なフットワークで6ハロン81秒4-66秒0-51秒0-36秒7-12秒6をマーク。大竹師は「牧場でも乗り込んでくれたし、馬体の張りもいい」と目を細めた。

 

 

桜花賞前まで3戦3勝

しかし桜花賞では9着惨敗

 

 

そもそも弱かったのではって・・・・!!

 

きさらぎ賞-2015年

1着 ルージュバック 戸崎圭太

2着 ポルトドートウィユ 武豊

 

ポルトドートウィユ程度にしか勝っていない

 

 

 

 

 

 




管理人おすすめ…
まずは無料会員で無料予想をチェック

3revs