オークス(優駿牝馬)共同会見まとめ
 
キャットコイン-【流れてくれ、それだけです】 
 

 第76回オークスに出走予定のキャットコイン(牝3・美浦・二ノ宮敬宇)を管理する二ノ宮敬宇調教師と騎乗する柴田善臣騎手の共同記者会見が行われた。

■二ノ宮敬宇調教師
(今日の追い切りについて)
「先週はウッドチップコースでやりましたが、予定より時計が速かったので、今週は騎手に乗ってもらい流れのまま調整したいと思いました。リラックスして走るようにということで柴田ジョッキーとは話をしていたのですが、前回よりはリラックスをして手前もうまく替えられたのではないですかと、上がってきてから話をしました」

(中身充実の調整に見えたが?)
「うまく手前も替わりましたし、全身を使って走っている姿が1番良かったと思いました。そんなに速い時計はいらないと思いましたし、馬に負担がかからないように、走りやすいポリトラックで追い切りました。調教をやればやるだけ時計は出てしまうので、そこはセーブしながらですね。心肺機能は非常に優れていますから、あとは走れる体を作るのに、無理をしないように調整をしたつもりです」

(馬体重は?)
「前走よりは多少は増えていると思います。ここでずっと調整していましたので、出張先より少しは食べるようになってきましたし、前走より若干プラス体重だと思います。速いところをやると食が細くなる馬なので、そのあたりを含めての調整をさせてもらいました。食べる馬は苦労しないですけど、やはり牝馬なので普段の扱いでも気分を損ねないように、手加減しながら仕上げています。ヤンチャな男馬とは違いますのでね」

(桜花賞を踏まえて今回のオークスは?)
「どの馬もそうだと思いますけど、桜花賞(GI・7着)はあのような展開でしたから、後ろにいた馬は届きませんでした。今度は東京で直線も長いですし、騎手も非常に乗りやすい馬だと言っていますので、長い距離でも大丈夫だと思います」

(理想は切れ味を生かす流れ?)
「今までがそのようなレースでしたし、それが良いのでしょう。(騎手も)そういう乗り方をするでしょうね」

(展開や枠順は?)
「いつもそうですけど、与えられたことをやるだけです」

「馬の状態は非常に良いですし、リフレッシュして走れる態勢にあると思います。頑張りますのでよろしくお願いします」

■柴田善臣騎手
(追い切りについて)
「桜花賞の追い切りにも乗ったのですが、その時少しトモに不安を感じました。今回はそのようなこともなく、全体的な時計も予定通りで、雰囲気も良かったですし、スムーズに気持ち良く走っていました」

(気持ちの部分では?)
「いつも角馬場やスタンド前を歩いている時は、あのようなリズムで歩きます。パッと見はイレ込んでいるように見えるでしょうけど、平常心ですね」

(東京コースでの実績もあるが?)
「状態次第で、どこのコースでも力を出せる馬だと思います」

(桜花賞について)
「渋滞がどこで起きるかわからないですし、前走は仕方なかったですね。それでも脚を見せてくれたのは、この馬の能力の高さだと思います。負けはしましたけど、改めて馬の力を確認したレースでした」

(オークスではその脚を生かす競馬を?)
「ペースがどうなるかわからないですけど、桜花賞時よりも良い状態で臨めると思いますし、期待しています。この前のようなペースにはなってほしくない、流れてくれ、それだけですね。力は1回1回出しているんです。この馬の力を100%出して、良い結果になる流れになってほしいです」

(距離延長について)
「持つと思っています。折り合い面も心配ないですし、距離的にも少し長い距離のレースの方が良いという感じはします」

「桜花賞後、体も少し戻ったようですし、前走よりも良い状態で臨めると思います。馬と一緒に良い成績を目指して頑張りますので、応援よろしくお願いします」
(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:5月20日(水)17時58分

 

ココロノアイ-【当日のテンション次第】

 

 第76回オークスに出走予定のココロノアイ(牝3・美浦・尾関知人)を管理する尾関知人調教師と騎乗する横山典弘騎手の共同記者会見が行われた。

■尾関知人調教師
(最終追い切りについて)
「先週ある程度、長い距離での追い切りができましたので、今日はウッドチップを短めに乗るか、坂路にするかを考えていました。昨日雨が降って坂路が重くなりましたので、良い負荷をかけられそうだと思い、坂路での追い切りにしました。前半の入りが予定より速くなりました。ジョッキーもそのような感覚があったようで、その分最後はほぼ馬なりでした。元気一杯でしたし、動きもとても良かったと思います。前半抑えられれば、終いをもう少し伸ばせると思ったのですが、時計的には十分だと思います」

(横山典弘騎手とはどのような会話を?)
「先週の感じがとても良かったとジョッキーも感じたようですし、馬もその後も元気なので、あとは体調をうまく整えていければとお互いのイメージが合いました」

「思っていたよりも桜花賞の後に疲れが出た感じがあり、そこからの立ち上げでした。立ち上げ時は、多少元気がなかった分なのか折り合いも良くて、その流れで調子も上がってきたのかなという感じはします。桜花賞(GI・10着)の時もスローペースで我慢して折り合えました。折り合いに関しては前走が1番良かったような気もしますから、結果は残念でしたけど、それを糧にしてオークスに繋げたいと思います」

(我慢できたことで、オークスへの手応えを感じたのでは?)
「手応えよりも残念な気持ちの方が大きかったですけど、そういう意味で残念な中にも光明はあったと思います」

(東京の2400mについて)
「左回りは、新潟、東京と結果も出ていますし、アルテミスSのレース振りからしてもポテンシャルとしてのスタミナはすごいものを持っていると思っていますので、それを十分生かし切れるような悔いのないレースができればと思います。多少掛かっても気にしなくて良いくらいのつもりでは思っています。極論ですけど、逃げ切れるくらいのスタミナは持っていると思いますので、あとは出たところからジョッキーに任せます。百戦錬磨ですし、絶好調ですからね」

「先週ハードに追い切った時点で444キロでしたが、桜花賞の時の馬体重よりもしかすると減るくらいかなと思っています。僕らが意識してきたというより、馬の方が長距離仕様になってきていると受け止めています。もちろん体重は増やしたいと思いますけど、体調面は上がってきていますから、体重を気にしないで調整していきたいです。あとは人も馬も、落ち着いていければと思います。

 まだ何日かありますけど、春の集大成をここまで無事に迎えることができたので、最後まで気を抜くことなくまずは無事にターフに送り出したいと思います。その際には皆さん、応援よろしくお願い致します」

■横山典弘騎手
(追い切りについて)
「先週もウッドチップで乗って良い感じで動いていましたし、順調に来ています」

(角馬場からコースを回って坂路と、馬とのコミュニケーションをじっくり取っているように見えたが?)
「先生の考えですし、順調に終えられました。(コミュニケーションについては)それはいつものことです。桜花賞後もこれといった反動もなくオークスに良い状態で臨めると思います。あとは彼女の場合は当日のテンション次第なので、そこだけ注意して騎乗したいと思っています」

(距離延長について)
「心配ないです」

(レースでの位置取りは?)
「それはやってみなければわからないです。あとは枠順が出て、他の馬も順調に出てきて、当日、自分の馬が落ち着いてくれれば良いなと今は願っています」

(スタミナがあるタイプだけにオークスは期待ができそう?)
「テンション次第ですね。前走は残念な結果でしたけど、この馬の力を発揮できたわけではありません。今回は良い感じで仕上りましたし、良いチャンスなので頑張りたいと思います。応援よろしくお願い致します」
(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:5月20日(水)17時40分

 
ルージュバック【桜花賞は悔しい思い】
 

 第76回オークスに出走予定のルージュバック(牝3・美浦・大竹正博)を管理する大竹正博調教師と騎乗する戸崎騎手の共同記者会見が行われた。

■大竹正博調教師
(今朝の追い切りについて)
「先週火曜日に帰ってきて、週末の土曜日にある程度の時計を出し、今日が2本目の追い切りでした。全体の時計は求めずに最後の3ハロンだけどういう反応で上がってくるかを見ていましたが、良い動きでした。コントロールに関しても、今まで以上に良くなっていましたし、その分、最後の弾け具合が良かったですね」

(桜花賞(GI)9着のリベンジをするために、変化をつけたり工夫をしたところは?)
「特にないです。リベンジという気持ちも特に持っていないですし、それが馬にどのような影響を与えるかもわからないので、いつも通りという気持ちでやってきました」

(前走の桜花賞について)
「敗因を1つに求めるのは厳しいと思います。複合的な要素が絡み合っての結果だと考えています。大きな原因としては、僕自身の経験不足だと思います。桜花賞の最終追い切りは雨の中で行われたということもあり、手綱がすべったという話を桜花賞の共同記者会見でもしたと思うのですが、そのようなトラブルすらコントロールができていなかったのは僕のミスだと思っています。

 桜花賞後は1週間弱、美浦トレセンに置いて競馬の疲れを取り除いてから、ノーザンファーム天栄に移動しました。天栄でメンテナンスをした後にしっかり時計を出していったのですが、馬が自ら走りたいという気持ちをもう1回呼び起こすような調整過程でした。トレセンに帰ってきてもその雰囲気は変わらず維持できましたし、今日の追い切りを見る限り、ゴーサインを出すまでもなく自分から弾け飛んでいきました。馬の能力をここまで信じてやってきましたし、その能力をきちんと出せるように調整してきました。自信を持って送り出せる状態だと思います」

(東京での百日草特別でも1着と結果を出しているが?)
「距離は違えど、1回2000mを良い時計で走っていますので、桜花賞の時より条件は良いのかなと思います」

(枠順や展開は?)
「桜花賞の時も良い枠を引いたと思ったのですが、結果揉まれる状況になってしまいました。距離が延びる分、枠の有利不利というのは少なくなると思いますので、気分良く走ることができれば、良い結果につながるでしょう」

(位置取りは?)
「いつもジョッキーに任せていますので、考えていないです」

「戸崎騎手とは不思議なくらい、この馬の話はしないんですよね。追い切りの後に『良かったよ』という程度です。競馬でのルージュバックの背中を知っているのは彼しかいないので、僕がどうこう説明する必要はないのかなと思います。ただトレセンの中の調教に関しては、(自分が)誰よりも知っているつもりですし、自分の仕事はキッチリこなせたと思っています。前走は輸送を挟みましたので馬体重も減りましたが、今回は東京競馬場ですから、450キロ台では出せると思います」

(トレセンでの調整期間が短いことに関して)
「天栄を含め週1のペースで牧場に馬を見に行くのですが、その時のルージュバックの目の輝きや雰囲気は、活気があって良く感じました。桜花賞の最終追い切りではかなり負荷をかけていたので、むしろギリギリまで牧場で調整をして、こちらで残り少ない日数を過ごしても、ある程度仕上がるという印象を持ちましたので、この流れになりました。ちなみに天栄では5本時計を出したと聞いています」

「前回の東京競馬場での競馬は前日輸送でした。その理由としては、デビュー戦が新潟でその時も競馬場に1日滞在したこと、そして春の大きな舞台を見据えて1日前の輸送をしたということです。オークスに関しては、これまでのように前日輸送の流れを取るのか、当日輸送にするのか、今日明日様子を見て決めるつもりです。

 オークスの2400mは牝馬にとって厳しいレースですが、何とか良い形で持っていけそうな感じです。前走は1倍台の人気を背負って、あのような結果になってしまい、本当に申し訳ないです。今回は前走より元気な姿で競馬場に向かうことができそうです。前回と比較して良いと感じましたら、同じようにまた応援して頂けたらと思います」

■戸崎圭太騎手
(コンディションについて)
「コンディションは、特に問題はないと思います。あとは僕次第だと思っていますので。今までも調教は1度も跨ったことないので、そのあたりは厩舎にお任せしています」

(前走について)
「位置取りの悪さで力を出し切れませんでした。スタートも良かったので下げることもなかったのに、あのような乗り方をしてリズムを崩してしまいました。悔しい思いをしましたし、反省しながら不甲斐ない気持ちで一杯でした」

(この馬のオークスに対するイメージは?)
「力はありますし、乗りやすいですし、距離が延びるのも不安がなかったので、良いイメージしかないですね」

(東京コースとの相性は?)
「1回走っていますから、未経験のコースよりは良いと思います。ただどこでも走ってくれるタイプの馬ですし、その辺も問題ありません。枠順は極端な枠でなければ良いと思っています」

(最外、最内枠でなければ?)
「そうですね。例え大外、最内枠でもクリアはしてくれるとは思うんですけど。あとはリズム良く気持ち良く走らせてあげたいですね。初戦からテンションは上げないように気を遣ってはいたのですが、1戦1戦どっしりしてくるところが窺えましたので、そのあたりが走る馬、強い馬の証拠だと感じましたね」

(桜花賞の巻き返しは可能?)
「あとは僕次第だと思っていますので、しっかりと騎乗したいと思います」

(先週GIを制覇するなど、好調の中でリベンジの機会を迎えていますが?)
「ずっと歯がゆい思いをしていましたので、この勢いを繋げられたらと思っています。前走の桜花賞では、圧倒的人気を裏切る不甲斐ない騎乗をしてしまって、すごく悔しい思いをしています。オークスではしっかりと騎乗して、この馬の良いパフォーマンスを見せたいと思います。応援よろしくお願い致します」
(取材・写真:佐々木祥恵)

最終更新:5月20日(水)15時29分

 
クイーンズリンク-【本当に賢い馬】
 

■クイーンズリングに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手

――桜花賞を振り返ってください
デムーロ ペースが遅かったですね。馬はすごく頑張ったけれど、あの重い馬場は大変でした。でも、最後はよく差を詰めてきました。

――1週前追い切りに騎乗した感触は?
デムーロ すごい元気。大丈夫でした。ホントに賢い馬です。

――どんなタイプの馬ですか?
デムーロ 競馬で乗りやすいですね。僕のいうことをよくきいてくれます。

――初の東京コースです
デムーロ 東京の芝2400mはすごく難しいコースです。直線が長いし、難しい。

――そして、初の2400mです
デムーロ スタートを(どう乗るか)考えています。

――楽しみが多いですね
デムーロ はい、いつもGI楽しみです。

――最後に抱負を
デムーロ (日本では)牝馬のGIはまだ勝っていません。頑張ります。ありがとうございます。

■クイーンズリングを管理する吉村圭司調教師

――桜花賞を振り返ってください
吉村 流れがスローでしたし、道悪もこたえました。そういうことがありながらも掲示板に載ってくれたので、馬の力は示してくれたかな、と思います。

――厳しい条件の中、いい末脚でした
吉村 そうですね。ゴール前の伸びは際立っていたと思っています。

――レース後は短期放牧に出ましたね
吉村 はい。1週間ほどですが、放牧に出せる(だけの)間隔があったのでグリーンウッドに出しました。桜花賞後はこちらでもカイバを食べてくれていましたが、(放牧に出たことで)ふっくらとした体で戻ってきました。短期間でしたが、いい休養になったと思います。

――オークスに向けての調整は?
吉村 今回は東京への輸送もあるので、1週前にジョッキーに乗ってもらって終い重点でしっかりやりました。折り合いもつきやすいので、6ハロンから長めにしっかりやりました。いい内容だったと思います。

――賢い馬だと聞いています
吉村 無駄なことをしない馬ですね。競馬にいけば3歳牝馬なのでテンションが上がるところもありますが、問題ない程度だと思います。

――今朝の最終追い切り、いかがでしたか?
吉村 ある程度は出来ていると思っていたので、上がり重点。反応を見る感じで、気配を感じ取ってもらうような内容でした。サインを送ればすぐにギアが上りそうな手ごたえだったと聞いています。

――仕上がりは?
吉村 思ったようにやれていますし、いい感じできています。予定どおりにきています。

――東京の芝2400、初の左回りです
吉村 関東圏には行ったことありますが、東京は初めてですね。この距離だと勝負になると思っています。初めてですし左回りはやってみないとわからないところもありますが、(調教では)もたれるところもないですし、こなしてくれると思っています。あとは道中、この馬のリズムを守りながら、折り合いがつけば終いの脚を使ってくれると思います。

――オークスでの課題は?
吉村 いくらかゲートが上手な方じゃないので。この距離ですし、中団くらいから行ってくれればと思っています。

――意気込みをお願いします
吉村 桜花賞はいい状態で送り出しましたが、結果は4着でした。オークスでなんとか挽回したいと思っています。応援よろしくお願いします。
(取材・写真:花岡貴子)

最終更新:5月20日(水)14時41分

 
 
レッツゴードンキ-リラックスして走れるように 
 

■レッツゴードンキを管理する梅田智之調教師

――桜花賞から1ヶ月、今の気持ちは?
梅田 桜花賞を勝った時は嬉しくて喜んでいましたが、すぐに普段の気持ちに切り替えました。普段と変わりません。

――現在の状態は?
梅田 乗っている人の反応や馬の息づかいから、ここまで順調にきていると思います。テンションはいつもと変わらないですね。状態はこちらが思っている以上にいいですね。

――オークスに向けて、どのような調整をしていますか?
梅田 桜花賞とオークスは距離も違うので、できるだけテンションを上げないように気を遣いました。後は、折り合いですね。調教は馬の反応を確かめる程度で。あまり(ハードには)やらなくていいと思っています。

――桜花賞前と比較すると状態はいかがですか?
梅田 桜花賞は気を入れていこうという仕上げでしたが、今回は距離も長いのであまり攻めていかずに、リラックスして走れるようにと考えています。

――オークスの距離延長については?
梅田 正直、やってみないとわかりません。体型や血統をいえば、短い(ところに向いている)といわれますが。あまり気にしていません。

――デビュー後、ここまでの成長度は?
梅田 間隔をあけて6戦走っています。前走は少し減りましたが、使いながら体重が増えています。牝馬には珍しいタイプで扱いやすいですね。普段、落ち着いている馬なのでそうやって成長出来るのだと思います。

――その辺りが安定感につながっているんですね
梅田 そうですね。桜花賞を勝つまでは、安定感はあるけど勝ちみに遅い馬だなと思っていました。でも、桜花賞を勝つことによっていい意味で変わってくれました。

――脚質に自在性があります。オークスはどんな競馬になりますか?
梅田 こればかりは開けてみないとわかりません。枠順、馬場状態、相手の馬がどこ(の枠)に入っているかというのもありますから。ゲートが開いた時点で岩田騎手に任せるしかないですね。

――課題は?
梅田 折り合いですね。これをクリアすれば、桜花賞のように伸びてくれると思います。

――最後に一言
梅田 桜花賞の勝ちっぷりは鮮やかでした。フロック視されていますが、そうじゃないというところをみせてくれたらと思います。

■レッツゴードンキに騎乗予定の岩田康誠騎手

――騎乗していた先週の1週前追い切りの感触は?
岩田 落ち着いていました。終始、いい感触でした。馬なりだったんですが、ゴーサインを出した後も楽な手ごたえでいい感じでした。

――桜花賞前と比べていかがでしたか?
岩田 変わりなく順調にきていると思います。落ち着いていますし、馬体のハリもいいです。厩舎からも落ち着いてカイバをよく食べていると聞いています。

――昨年の秋、アルテミスSで騎乗しています。この馬で左回りは体験済みですね
岩田 当時はイライラしていましたが、今はそういう馬ではありません。今回は落ち着いてレースに臨めるんじゃないかなと思います。

――精神面の成長がうかがえると?
岩田 はい。あの当時とは馬体のハリも気持ちも違うので。その点はすごくいいなと思っています。

――桜花賞では逃げましたね?
岩田 はい。行く馬がいなかったので行ったんですが。楽な競馬ができたな、と思います。

――今度は東京2400です。戦法は?
岩田 枠順が出てから先生と打ち合わせしたいと思います。

――オークスでも逃げる可能性はありますか?
岩田 そうですね。馬のペースにあわせて気分よく走れるんであれば、逃げもあると思いますし。行く馬がいれば控えてもいいと思います。

――二冠に挑戦です。最後に意気込みを
岩田 どんな競馬も出来る馬です。応援よろしくお願いします。
(取材・写真:花岡貴子)

最終更新:5月20日(水)14時26分