宝塚記念予想|共同会見まとめ


競馬ファンならここをチェック無料会員が美味しぎるサイト
ターフビジョン

3revs



トーホウジャッカル酒井『挑戦者の気持ちで』

■トーホウジャッカルに騎乗予定の酒井学騎手

――坂路での先々週の追い切りも酒井騎手が騎乗していますね?
酒井 最終追い切りとしては、十分に納得のいく追い切りができました。先々週は頭の上らないフォームで最後までしっかりと走らせたいという追い切りでした。先週は併せ馬で気合を入れるのが目的だったので時計も出しました。今日は最後の追い切りなので、時計を出すというよりもしっかりしたフォームで走らせるという、最後の1ハロンで頭が上らないようにというイメージでした。先々週乗った時は時計はそれほどでもなかったけど最後までしっかり走れていました。その時と比べると、明らかに良くなっているなという印象を受けました。

――菊花賞時と比べて状態面はいかがですか?
酒井 あれだけのパフォーマンスができる馬なので、持っている能力というのは非常に高いレベルだと思います。今回は8ヶ月あいだが開いていますが、この馬自身、デビューしてから休み明けで競馬をするというのが初めての経験なので、その辺は正直陣営の方としても僕としてもやってみないと分からないところがあります。この中間、休養を挟み、目標としていたレースに出走できずにもう一度休養に入りました。でも、そのあとは順調に調整できています。8ヶ月ぶりの実戦ですが、いい状態に持ってこれたと思います。

――期待と不安、どちらが大きいですか?
酒井 今回、初めて古馬との戦いになります。一流どころのトップレベルとの戦いです。なので、胸を借りるつもりで、挑戦者という気持ちで臨みたいと思います。

――この馬の強みは?
酒井 何においても器用な馬だと思います。3000mという長丁場のレースでも折り合いがつきますし、そこで動けますし。そのスペースを狙いたいな、という時にそこを突けますし。こちらの意思どおりに動いてくれるというのが一番の凄みだと思います。そして、菊花賞の直線では内から他の馬に来られたときに、またしっかり伸びるという勝負根性を見せました。力を伸ばしていけば、古馬のトップにいるGIホースたちとも肩を並べていけるというくらい秘めた能力があると思います。

――距離適性についてはどう考えますか?
酒井 最初に勝ったレースは1600mで菊花賞は3000mでした。正直、どの距離がベストなのか、まだつかめていません。2000mを使った時にちょっと掛かるようなところを見せたので「ちょっと長いのかな」という不安は持ちました。でも、そのあと神戸新聞杯と菊花賞ではしっかりと折り合いをつけて走っていました。折り合いがつくなら距離は融通が利くのかもしれません。逆に言えば、2200mでも折り合いがつけば問題ないと思います。

――梅雨時期の開催です。馬場状態が懸念されますが、道悪の適性は?
酒井 そういう状態でレースをしたことがないので、精一杯のレースをしてみるだけです。

――枠順の希望は?
酒井 あまり外目の枠より、真ん中より内の方が競馬を組み立てやすいと思っています。

――レースでの作戦はすでに頭の中にありますか?
酒井 あんまり早い段階から考えすぎてしまうと頭が一杯になってしまうので、あえてあまり考えていませんけど。これから枠順が発表されたら、何パターンかのレースを自分の中で組み立てていこうと思います。

――最後に一言。
酒井 ファン投票7位という結果で皆さんに支持していただきました。菊花賞馬・トーホウジャッカルの復帰を心待ちにしていただいていたと思います。なんとか、強いトーホウジャッカルの強い姿をお見せできるように僕も精一杯頑張りますので、応援よろしくお願いします。

■ラキシスに騎乗予定のC・ルメール騎手

――大阪杯を振り返ってください
ルメール 素晴らしいレースでした。ラキシスはいい馬、GI馬です。大阪杯は馬場が少し重かったのですが、重めの馬場はGood Pointです。柔らかい馬場コンディションはラキシスにすごい(いいでしょう)。

――宝塚記念についてどう考えていますか?
ルメール レース by レース(注:ケースバイケースに掛けて。レースはそのレースごとに違うという意味)。宝塚記念は違うレースです。だからペースやスタートによります。枠番、馬場コンディション(の情報が揃ったら)またイメージします。

――宝塚記念に向けての状態は?
ルメール ラキシスの状態はすごくいいと思います。良くなっています。先週の追い切りに騎乗しましたが、とても嬉しかった。問題ないです。(今週にかけて)良くなったと思います。今朝は厩務員と話しました。厩務員は本当にとても嬉しそうに「いいコンディション」と言いました。

――ラキシスのStrong Pointは?
ルメール すごい瞬発力があります。それが一番のStorng Pointです。

――相手関係については?
ルメール ゴールドシップは一番のライバルです。すごい馬!でも宝塚記念の距離は天皇賞と違います。2200mは多分ちょっと危ういです。だから、この距離になるのはラキシスにとっていいチャンスだと思います。なぜなら、ラキシスの最後のスピードはすごい。瞬発力がとてもいい。

――最後に一言。
ルメール 勝ちたいです。ラキシスは凄い馬です。応援してください。
(取材・写真:花岡貴子)

 
ヌーヴォレコルト斉藤師『ここが一番良い舞台』
 

 第56回宝塚記念(GI・芝2200m)に出走するヌーヴォレコルト(牝4・美浦・斎藤誠)を管理する斎藤誠調教師の共同記者会見が、美浦トレーニングセンターで行われた。

――前走のヴィクトリアM(GI・6着)について
女の子相手ということで楽とは言いませんけども、比較的使いやすいかと思いましてオーナーと相談して出走させました。道中ためるようなところがないと末脚が生きない子ですし、東京コースといえどもやはり1600mはこの子にとっては短かったですね。

――これまでの調整過程と、今日(6/24)のウッドチップコースでの追い切りについて
これまでは併せ馬中心にやってきたのですが、今回はテンションを上げないように、そして1600mの後の2200mで引っ掛かる感じもあるでしょうから、そのあたりを落ち着かせて宝塚に向かいたいと思いました。また放牧先の山元トレセンにいる時から落ち着いて調整できていますので、それを引き継ぐ形で単走でやっていますが、思い通りにいっています。

――仕上がり具合について
彼女なりには仕上がってきましたが、強い馬が多いのでどこまでできるかなとは感じています。

――2200mの距離について
前走は不向きな1600mを使ってしまって1番人気に応えられなかったのですけど、春の目標はここに置いていたので、今回はしっかりできました。前回は33秒5という彼女の最高の上がりだったのですが、1600mが少し短かったかなというのがありました。1800mから2000mが良いと思いますが、今回はタフな阪神の2200mという中距離ですし、タフでハードな競馬になればなるほど本領を発揮するような強い精神力を持っていますので、そのあたりに期待しています。ヴィクトリアMの時もお話したのですが、道中ジョッキーの手が上がるような仕草が見られるようになってきましたので、うまくインコースを取って先行できればと思います。

――枠順の希望は?
前走は距離が短いのもありましたけど、ためるところがなくてあのような競馬になってしまいました。内枠でしっかり脚をためて直線に向くというのが良いと思います。

――イメージするレースの形は?
ゲートが開いてしまえば岩田騎手が考えることですが、ここまでは順調に来ましたので、あとはジョッキーに頼みます。

――馬場が渋った場合は?
中山記念(GII・1着)の時も重い馬場をこなせましたし、狭い所も割って来ました。力強くて男勝りの女の子なので、その点は味方してくれるのではないかと思います。

――宝塚記念への意気込みを
阪神ということで、高速の京都よりは走りやすいかなとは思います。オーナーとスタッフと僕と、そして彼女と、宝塚を目標にやってきました。ここが一番良い舞台ですので、輝いてくれないかなとは思います。

――最後にファンに向けてメッセージを
前走は人気を裏切ってしまいまして、申し訳ありませんでした。今回仕上がりも良いですし、大きい舞台で頑張ってくれることと思います。応援よろしくお願い致します。
(取材・写真:佐々木祥恵)

 
ゴールドシップ-横山典弘『すこぶる順調です』
 

■ゴールドシップに騎乗予定の横山典弘騎手
――前走の天皇賞(春)は強い勝ち方でしたね。
横山典 ちゃんと走ってくれました。勝てて良かったです。

――この中間の調整過程は?
横山典 すごぶる順調ですね。ゲート試験はメンコを使ったら入ってくれたのでね。本番もそれでいくでしょう。何も心配していません。ゲート試験は余計だとも言えますが、その分長い時間調整出来たのでね、それは良かったです。

――状態の方は?
横山典 いつもどおりですね。先週もおりこうさんだったんだけど、今週は先週に増して大人しく、リラックスして走っていました。

――前走はかなりやんちゃな面を見せたそうですが、今回はなかったですね?
横山典 今回はないですね。

――その辺り、ゴールドシップと横山騎手の信頼関係がかなり深まってきているのでは?
横山典 まぁ、信頼関係というか、たまたま機嫌が良かったんでしょう。

――今回、ゴールドシップにとって3年連続、史上初の同一GI3連覇がかかっています。
横山典 すごいことですね。それに乗れるのは光栄ですね。

――改めてゴールドシップとはどんな馬ですか?
横山典 すごい馬ですね、本当に。力さえ発揮してくれたら。

――希望の枠は?
横山典 いや、別にありません。

――最後に一言。
横山典 3連覇ね、本当にすごい記録がかかっているので僕も馬の上からゴールドシップを応援したいと思いますし、ファンの方も応援よろしくお願いします。

■ゴールドシップを管理する須貝尚介調教師
――天皇賞(春)はいかがでしたか?
須貝 阪神大賞典が終ったあと、歩様が悪かったので心配しましたが、横山典騎手がうまく乗ってくれました。

――ゲート再審査の影響は?
須貝 それを想定してメニューを組んできました。うまくいったと思います。

――中間の調整はうまくいきましたか?
須貝 本当に何も言うことがないくらい、いい調子で来ています。横山典騎手とはお互い何も言うことはないというほど、いい感じで来ています。

――前回は少し調教で暴れましたが、今回はそうではなかったようですね。
須貝 もう馬が分かっているような感じですね。そういうことも典ちゃんと話しています。

――今回は阪神、7戦6勝2着1回というほぼパーフェクトな競馬場です。
須貝 実績あるコースなので自分の走りをしてくれればいいと思います。

――今回は史上初の同一GI3連覇がかかっています。
須貝 それは後からついてくるものです。もちろん、そういう結果が生まれれば、シップにとっても競馬ファンにとっても夢がまた広がりますし、そういう意味では大きな存在だと思います。

――改めてゴールドシップはどんな存在ですか?
須貝 シップには本当に勉強させられることが多いですね。こうやって現役で走っている内は、まだまだシップに教えられることがたくさんあると思います。

――最後に一言お願いします。
須貝 若年層からお年寄りまでシップを応援してくださっている方々がたくさんいるんだな、と改めて思います。シップがそれを感じて走ってくれたらいいなと思っているので応援よろしくお願いします。
(取材・写真:花岡貴子)