マイルCS(マイルチャンピオンシップ)の共同会見ニュースまとめ

モーリス鞍上ムーア「当日がとても楽しみ」
 

 マイルCS(GI・芝1600m)に向けて、堀宣行厩舎のモーリス(牡4)とリアルインパクト(牡7)が併せ馬で追い切りを行った。追い切り後に、モーリスのライアン・ムーア騎手と両馬を管理する堀調教師の共同記者会見が行われた。

■モーリスについて、ムーア騎手
(モーリスのレース振りはVTRで見ている?)
「はい、見ています」

(映像から受けたこの馬のイメージは?)
「今年の重賞2レース(ダービー卿CT、安田記念)を見させてもらったのですが、両方ともすごく印象的な勝ち方で強いと思いました。大きな馬なので成長するのに少し時間がかかったのだと思うのですが、2年前より体がしっかりと出来上がって、今は完成してきたというか、体をうまく使えるようになってきたのでとても楽しみにしています」

(追い切りに跨った感触は?)
「感触的にはすごく良かったので、当日のレースがとても楽しみです」

(今日のゲートの感触は?)
「全く問題なかったです」

(レースで理想とする展開や枠順は?)
「良い枠がもらえることをもちろん願っていますけど、枠は選べるわけではないので、当たった枠をそのまま受け入れてレースをするだけです。どのレースでもそうなのですが、やはり運が必要です。運が少しあれば結果はついてくるのではないかなと思います」

(ファンへのメッセージを)
「良い馬に乗って良いレースができるように、皆さんの要望に応えられるような結果を出したいと思います」

■モーリスについて、堀調教師
(毎日王冠を回避した経緯とその後の調整過程について)
「毎日王冠はあくまで前哨戦という位置づけでした。1か月前に予定通りに入厩して調整を進めていく中で、背腰の痛みから歩様が硬くなってきました。治療や工夫をしながら競馬には持っていける状態でしたけれども、使った後にさらに悪くなるということも考えて回避させて頂きました。

 その後は治療を施し、その段階で少し調教を緩めて休ませられました。それによって回復して、その後も十分時間を頂きましたので、このレースに向けてしっかり仕上げていくことができました。当初の予定と変わってしまいましたけど、特にオーナーの理解によって立て直しができたかなと思います」

(今日の追い切りの狙いは?)
「今回は前回のレースからだいぶ間隔が開いていますので、通常より少し期間を早めに仕上げてきました。先週までに調教の量も十分でしたし、仕上がっているなと感じていたので、今回は久し振りに乗るジョッキーにゲートを含めて馬の状態を把握してもらって、競馬に向けてのイメージを作ってもらうのが1番の狙いでした」

(前走の安田記念について)
「安田記念の前までは、折り合いに注意しながらのレースが続いていました。もう一歩進められるなという手応えはあったのですけど、本番ではハイペースの中でしっかり好位から競馬ができました。いろいろな流れや展開含めて、GIの舞台で対応できたのは大きいと思っています」

(さらにステップアップするための課題は?)
「ゲートにウイークポイントがあるのですけど、それを含めたメンタル面のコントロールが課題になるかと思います」

(京都競馬場のコース適性、及び輸送など気になる点は?)
「コース適性という意味では、1レース、1レース、展開もメンバーも違いますので何とも言えない部分もありますが、以前走って結果も出ていますし、心配はしていません。輸送に関しては、関東本場の輸送でも結構(体を)減らす馬なので、今回は間隔が開いていることと併せて、体を減らさずに平常心で行けるかどうかがレースで結果を出すポイントだと思っています」

(距離2000mの香港Cにも登録があるが、この馬の距離適性について)
「血統的にいえば、もう少し長い距離という選択も出てくるとは思います。仮に毎日王冠を使えていればという意味では、使った後の状態にもよりますけど、東京の1800mでゲートも含めてある程度見極めた上で、マイルCSか香港Cが選択肢に入っていて、天皇賞は当初から予定にはありませんでした。(天皇賞は)いずれとは思いますけれども、コースレイアウト的にゲートに難があるこの馬にはまだ少し早いと思います。

 香港Cに関しては、まず香港マイルに非常に強い馬がいるということが1つと、香港はゲートボーイを付けられますので、この馬のゲートに対しての不安が払拭できるという意味では、初めて2000mを使うには良い舞台だなという判断でした。ただ毎日王冠からのローテーションを踏めませんでしたので、今回はあくまでマイルCSを使った後に香港をどうするかということになると思います」

(今回のレース運びや枠順について)
「いろいろな状況に対応できるように段々なってきています。枠順や相手関係、馬場状態などが勝敗に大きな影響を与えると思いますが、そういう意味ではいろいろな選択肢が取れるようになっていますし、ジョッキーに任せて心配はないと思います」

■リアルインパクトについて、堀調教師
(毎日王冠12着について)
「こちらは毎日王冠を予定通り使わせて頂いたのですが、1度使って良くなるのではないかという状態でした。オーストラリアの遠征から帰ってきて、その後の回復に少し手間取ったという感じでした。1度叩いたことで次につながるかなと感じています」

(毎日王冠の後の調整過程と、今日の追い切りについて)
「今回は今までよりは少し体を絞って使いたいなというのがありましたので、中間に1回ノーザンFしがらきの方に短期の放牧に出しました。長距離の輸送になるのですが、関西方面と往復させまして、もくろみ通り少し体重も減っている状態です。今日の追い切りに関しても、この馬なりにしっかりと動いて態勢は整っているのではないかと思います」

(京都のコース適性については?)
「そのレースごとにいろいろ違いますので一概には言えないと思いますけど、良い状態で持っていってこの馬のレースをしっかりさせられれば、京都は苦手だというふうにはとらえていません」

(理想のレース運びや枠順について)
「ディープインパクト産駒なのですが、溜めて切れるというよりは、馬なりよりは少し出して行って、その流れの中で終いに決め手を使うようなレースが合っていると思います。枠順、馬場状態を含めて、そのような形で対策をしたいなと思っています」
(取材・写真:佐々木祥恵)

 

アルビアーノ木村師【どっしりしてきました】 

■アルビアーノを管理する木村哲也調教師

――スワンSでは古馬の牡馬相手に強い競馬でした
木村 道中、上から見ていて折り合い欠くことなくリラックスして走ってくれました。直線では思わず、声が出ました。直線で伸びてきたときの乗り方を見て、すごく嬉しくなりました。タフな競馬でした。

――これまでの競馬から底を見せている感じがしません
木村 そういう期待もありましたし、彼女には僕が馬を良くしていくというよりは、彼女に僕が色んなことを教えてもらっているというところですね。現状は。

――栗東の環境はいかがでしょうか?
木村 前走後、レース翌日に栗東にきました。最初の1週間はなかなかどっしりできない部分がありましたが、適応していってくれました。今はしっかり環境の変化に左右されることなくどっしり構えて私のことを引っ張っていってくれているようです。

――中間の調整は?
木村 いつものスタイル。ブレることなく、いつもどおりやれています。

――今朝の追い切りは坂路ではなくコースで追い切られました
木村 坂路ばかりだと面白くないし、たまには馬の気分を変えて、というところです。それも含めて、いつものスタイルなんですけど。

――今朝は霧の中での最終追い切りでした
木村 ちょっと霧があって道中の動きの質は僕の目では確認できませんでしたが、助手と話し合ってテーマを決めました。昨日、実際に馬場を見て「ここで仕掛けて、この辺から動かして…」と話し合いました。そして、そのテーマどおり、上手く運べたので良かったな、と思います。

――3走目の上積みは?
木村 自分の感覚では健康状態は良好です。3回使っていることで状態がマイナスの方向に行っているという感覚は自分の中にはないですね。

――中2週、デビュー以来一番短い間隔での出走になります
木村 それも含めて、馬を見ながらの判断になります。

――マイル戦という距離については?
木村 やってみないとわからないところはありますが、自分の中では不安要素はないです。

――相手も強くなります
木村 あくまでも参加させていただている立場です。

――どんなレースをしたいかとか、イメージはありますか?
木村 ちゃんとジョッキーが全力を発揮できるような状態に持っていくのが僕の仕事。僕が主体的に関われるのはそこだけ。ジョッキーにまたがってもらう瞬間まで、どれだけ馬がいい状態に持っていけるかということに集中したいと思っています。

――最後に意気込みを
木村 こんな若輩者にこんなチャンスをいただいて、GIに臨むというのは自分たちを進化させてくれる舞台だと痛感しています。今回もこういった環境の中で仕事させていただいています。そろそろ成果を挙げなければならないと思っているし、この先も変わらずしっかりと仕事をしていかなければならないと思っています。
(取材・写真:花岡貴子)

 
フィエロ鞍上デムーロ「物凄く賢い馬です」

■フィエロに騎乗予定のミルコ・デムーロ騎手
――前走のスワンSでは初めてこの馬に騎乗しましたね
ミルコ はい。すばらしい馬でした。外枠だったので少し難しい競馬でしたが、最後はすごくいい脚を見せてくれました。

――4角では手綱を持つ手が動いていませんでしたね
ミルコ 騎乗する前に過去のレースを見ました。少しかかる馬というイメージでしたから、ゆっくりいったら最後伸びました。

――折り合いに心配はありませんでしたね?
ミルコ はい。この間は久しぶりで1400m戦、テンションはちょうど良く乗りやすかったです。そして、今回は1回叩いての1600mです。がんばります。

――フィエロのいい部分は?
ミルコ ものすごく賢い馬です。

――距離は前走から200m延びますが?
ミルコ いいですね。1400はちょっと忙しかったです。

――コースについて気になる点はありますか?
ミルコ 京都は外枠がちょっと大変。だから内枠がいい。いいスタートでいいポジションが取れればいい脚が使えると思います。あと、重い馬場より良馬場の方がいいですね。

――GIに向けての意気込みは
ミルコ GIはみんなが勝ちたい。僕もすごく勝ちたい。関西のGIはまだ勝っていませんからね。今回もがんばります。

――最後に一言
ミルコ 皆さん、いつも大きな声援ありがとうございます。今週は久しぶりです。2週間騎乗停止でしたからね。だから、すごいがんばります。いつもありがとうございます。

■フィエロを管理する藤原英昭調教師
――昨年の惜しい2着から1年が経ちました
藤原 去年は悔しい思いをしましたので、今年はなんとかと思っています。

――6歳秋シーズンです
藤原 やはり、一つ年を取っていますから“どうかな?”と思ってはいます。でも、ずっと大事に使いながら、休み休みあまりレース数を使わずに来ました。そういう意味では馬は若々しいですね。(馬の状態の)しっかり度という点では、昨年よりもう一つ上のランクかな、と思いで作っています。

――完成に近づいたと言っていいでしょうか?
藤原 そうですね。馬格的にも身体的にも、今が一番ピークに近いのではないかな、と思います。

――スワンSを振り返ってください
藤原 今回に向けてはいいレースだったと思います。ミルコも初めてだったので、どういう感触でどういうレースができそうなのかというのを確かめてもらいました。課題をもって臨んだ結果、いい答えを出してゴールしたな、と思っています。レース後にミルコと話したら、イメージどおりだったと言ってくれました。距離が1ハロン延びるのも乗りやすいかな、と話しています。

――今朝の最終追い切りについてはいかがでしょう?
藤原 雨が降って馬場が重たかったんですけど。その中で一番いい時間帯で、馬に負担にならないような乗り方で行いました。いつも鮫島(良太)ジョッキーが乗ってくれていますが「いい」というジャッジをもらいました。彼がいいといえば、まず走ってくるのでね。こちらのイメージどおりに来ていると思います。

――自信はありますか?
藤原 そうですね。作り手である厩舎側と調教した鮫島ジョッキーの答えが一致した時は、ある程度走りますからね。自信を持っていけると思います。

――コース設定については?
藤原 京都の外回りで坂を利用できるというのはフィエロにとってはすごく条件が揃っています。

――2年前、トーセンラーで制しています。共通点は?
藤原 やはりディープインパクト(産駒)というところと、トーセンラーも若干体質が弱かったのでね。あの子は後ろの部分が弱かったので、そういう意味では坂を利用できるというのは良かった。絶対能力はどちらの馬もありますけれども、それを最大限に生かすという意味では京都の坂というのはプラスに働いていると思います。

――展開面のイメージは?
藤原 去年は内枠でジョッキーが上手く乗ってくれました。枠によっていろいろ作戦を立てられる馬です。そういう意味では、イメージ的にどう乗ればパフォーマンスが上がるかな、というのを決めていきたいと思っています。

――最後に一言
藤原 ここまでいつも善戦でよくがんばってくれています。感謝しています。なんとかGIを取らせてあげたい馬なので、目一杯仕上げていきます。応援よろしくお願いします。
(取材・写真:花岡貴子)

 
レッツゴードンキ梅田師【溜めて、直線弾ける】

■レッツゴードンキを管理する梅田智之調教師

――秋華賞を振り返ってください
梅田 レース前からかなりテンションが高まって、返し馬に行くときにかなり馬が気負って走っていたのでね、(帯同していた)厩務員や助手と『競馬でいくんじゃないかな』と言っていたんですが、悪い予感がレースで当たってしまいました。スタートも気負っていた分、ゲートでの体勢がきれいな状態ではなかったので、開いた時に問題のスタートになってしまったのだと思います。

――しかし、問題点がはっきり分かったのは良かったですね
梅田 そうですね。もともと気性的にも体型的にも2000は長いな、と思いながらも持たせるような調整をしてきました。なかなか上手にいかなくて結果は残念でした。でも、今度はようやく自分の得意なマイルに戻ってきたので、前回のようなことはないと思います。

――中間の状態は?
梅田 前走後、肉体的なダメージはそんなになかったので、普通に乗り出しを再開しました。2週前、1週前と割と強い負荷をかけました。今日も終いだけですが、しっかりやりました。この中間の状態については問題ありません。

――やはり、距離短縮は大きなプラスですか?
梅田 そうですね。今までは距離を持たそうと思っていろいろ細工してきたんですが、結果的にそれで人間と馬の呼吸が合わずに惨敗しました。でも、今度は馬の気分を損なわないような競馬ができる距離です。だから、頭を上げたり、口を割ったりすることはないと思います。

――今回はスタート地点がスタンドから遠くなりますね
梅田 今までちょっと出遅れたな、という時は正面スタンド前のゲートですね。静かなところからスタートできるのはありがたいですね。

――デビュー戦以来、戸崎騎手とのコンビになります
梅田 先日、競馬場で『今度お願いします』と声をかけました。あのクラスのジョッキーには何も注文することはありません。

――今回の作戦は?
梅田 桜花賞と競馬場は違いますが、距離は一緒です。引きつけて、溜めて、直線で弾ける。というようなイメージです。今朝の追い切りもそのイメージでやりました。レースに行ってみないと分からないことはありますが、そういうイメージです。

――最後に一言
梅田 そうですね。桜花賞の後、あまりいい結果を出せていないので今度こそは、と思ってやっています。応援よろしくお願いいたします。
(取材・写真:花岡貴子)

 
イスラボニータ栗田博師「思った以上に良い調整」

 秋の天皇賞3着からの参戦となるイスラボニータ(牡4・美浦・栗田博憲)を管理する栗田調教師が、同馬の追い切り後に共同記者会見に応じた。

(大外枠だった前走の天皇賞・GI・3着について)
「2コーナーで他の馬の影響を受けて、スムーズな競馬ができない場面がありました。そのわりには終いも良く伸びてくれましたし、頑張ってくれました」

(中2週でマイルCSに出走する経緯は?)
「レース後も疲れはほとんど感じないくらいにケロッとしていましたので、ここも視野に入れても良いかなという感じでした」

(最終追い切りについて)
「秋は毎日王冠(GII・3着)から始まって、天皇賞、そして今回のマイルCSと、中2週で続くこの流れの中で、今週は息を整える程度で馬なりという感じでしたが、思った以上に良い調整ができました」

(関西圏には初めての輸送になりますが?)
「震災の影響で高速道路が通れない時には回り道をして、トレセンと牧場を何回も行ったり来たりしていて時間の長い輸送を経験しています。今回は高速で行けますし、止まるところが少ないですから、かえって楽ではないかなと思います」

(久々のマイル戦について)
「距離は1600mから2000mは守備範囲だと思っていますし、マイルということに関しては特別に意識はしていません」

(今回の作戦は?)
「今まで2000m前後を使っている中で今回はマイルになりますので、ハロンあたりのラップが少し速くなると思うのですけど、行かせれば行くだけの脚も持っていますし、ポジションをキープしてどこでスパートするのかなと思っております」

(理想の枠順は?)
「枠順は天皇賞の外枠で懲りてますから(笑)。今回は京都の外回りのマイルですし、どこでもいいと思っております」

(ファンへのメッセージを)
「応援して頂いて嬉しく思っております。久々のマイルになりますけど、イスラボニータも頑張ってくれると思いますので、よろしくお願い致します」
(取材・写真:佐々木祥恵)



smato

↑↑
管理人おすすめサイトスマートウイン