競馬(JRA)の2chまとめ・ツイッターのまとめ

競馬(JRA)の2chのまとめ・ツイッターのまとめなどです…。競馬ファンの皆様は是非チェックしてみて下さい。

    asa

    JC(ジャパンカップ)

    5
    ジャパンカップ予想|共同会見|ネット評価まとめ

    競馬ファンならここの無料口コミサイトチェック必至
    競馬予想会社口コミサイト

    川田将雅ーラブリーデイ【一番いい結果だけ出せるように】ジャパンカップ共同会見 

    ■ラブリーデイに騎乗予定の川田将雅騎手

    ――今朝の調教の感触は?
    川田 非常にスムーズに追い切ることができて何よりです。秋2回使っていますし、変則日程で木曜追い。この後、東京への輸送もあります。ほんと、時計的にはゆっくりではありますが十分だと思います。

    ――デビューから数えて9回コンビを組んでいます。成長を感じた点は?
    川田 レースの中で強さを見せるようになってきたと思います。

    ――今年は宝塚記念でGIを勝ちました
    川田 ペースも遅くなりそうでしたし、前で流れに乗って競馬をしようと思っていました。それに馬も応えてくれました。何よりも前々でリズムよく流れに乗れたのが一番良かったです。

    ――京都の2400mの京都大賞典も勝っています
    川田 2400という距離はこの馬にとっては得意ではありません。その中でどれだけリズムよく走れるかな?という点に重きを置いて乗ったレースでした。すごくスムーズに走ってくれて、無事に秋緒戦を終えてくれて良かったなと思いました。

    ――天皇賞(秋)制覇をはさんで今回は東京の2400です
    川田 京都とは全然違うと思いますから、東京の2400に対応できるように競馬を組み立てていきたいなと思います。

    ――ここにきて一番強調できる点は?
    川田 上手に競馬をこなしてくれるようになりました。まじめに走ってくれますし、すごくタフですし。そういったことがこの馬の強さにつながっているのだな、と思います。

    ――では、最後に一言
    川田 今年1年、これだけの結果を出しながらここにたどり着くことができました。一番いい結果だけを出せるように頑張りたいと思います。


    ■ラブリーデイを管理する池江泰寿調教師

    ――天皇賞(秋)を振り返ってください
    池江 さらにまた、ラブリーデイが強くなっているなということを認識しました。

    ――この中間は?
    池江 放牧に出さず、自厩舎にいます。1週間は休ませ、その後、乗りはじめました。先週の1週前追い切りはCWコースで長めから、今週は変則で木曜日しか追えないので半マイルからサッとやりました。2頭併せでしたが、あまり無理をさせていません。いい状態で臨めると思います。

    ――パワーとキレが両方ついてきたというお話でしたが?
    池江 そうですね。ひと夏越してパワーがついて、ダートでもこなせそうな体です。

    ――ここに来ての成長の要因は?
    池江 二つあります。肉体面と精神面ですね。担当の山元助手がフラットワークをじっくり乗り込むなど、色んなことを教え込んでいます。そして、ラブリーデイがそれに応える能力を持っていたということだと思います。

    ――今回は東京の2400です。コース適性は?
    池江 2000がベストなので、伸びる2ハロンは課題です。リズム良く走れればいいですね。後は馬とジョッキーを信じるしかないですね。

    ――この秋3戦目、まだ上積みがありそうですね
    池江 この秋は4戦を予定しています。そこから逆算して調整しています。

    ――このタフさの秘訣は?
    池江 体質だと思います。

    ――ゴールドシップなど他馬を意識しますか?
    池江 もちろんそうですね。ミッキークイーンもです。あと、外国馬の本気度が伝わっているのでかなり警戒しないといけないと思います。

    ――その中でも一番を当然目指すわけですね?
    池江 そこしか、ないと思います。

    ――最後に一言
    池江 タフで元気な馬なんですが、まだまだ活力があります。これだけ走っていても決してデキは落ちていません。いい状態で日本代表馬として、ぜひ注目していただきたいと思います。
    (取材・写真:花岡貴子)

    ミッキークイーン浜中俊【歴史的名牝に近づけるように】ジャパンカップ共同会見 

    ■ミッキークイーンに騎乗予定の浜中騎手

    ――秋華賞を振り返ってください
    浜中 4コーナーは一番厳しい形になりましたが、馬がいい根性を見せてくれました。京都の馬場は時計も早いし、先行馬も良く残っていることも多かったので先行集団につけました。大外枠ということでスタート直後に揉まれずに前々のポジションが取れました。調教師との打ち合わせどおりでした。

    ――以前より前で溜められるようになった印象がありますが?
    浜中 スタートが出遅れたり普通に出たりと、決して速くはないので。出たポジションで流れに乗るという変わらないスタイルだと思います。

    ――成長は?
    浜中 いい意味で変わらず順調に成長してくれています。競馬も馬群を割ってくる根性もあります。ほんと期待どおりの成長だと思います。

    ――以前はカイ食いに心配があったりしましたが?
    浜中 徐々にカイバ食いなどは安定しています。年を取るごとに改善されつつあるのでは、と思います。

    ――この中間の状態は?
    浜中 1週前の追い切りに騎乗させてもらいました。秋華賞以来でした。いつもどおりのミッキークイーンらしい動きで特に心配はなかったです。順調に来ています。

    ――レースで描いているイメージは?
    浜中 ゲート次第です。五分に出てくれればいいと思っています。リズムを重視して、直線の長い東京は合うと思うので、どれだけの末脚を使うのか試してみたいな、と思います。

    ――突き抜ける脚を使ってほしいですね
    浜中 期待は大きいです。

    ――最後に一言
    浜中 同世代の牝馬の中では強いところを見せてくれています。次はさらに上のレベルに挑戦してきたいと思います。いい結果を得て、歴史的名牝に近づいていけるように。そういう期待は大きいですので、ぜひ応援してください。


    ■ミッキークイーンを管理する池江泰寿調教師

    ――秋華賞を振り返ってください
    池江 京都コースは高速馬場なので前が止まらず後方から勝つのは難しい。なので、騎手と話し合って(スタートは)出していって中団よりは前につけるようにと話していました。この世代の牝馬では頭一つ抜けた存在かな、と思いました。着差以上に強かったと思います。

    ――改めて強さを実感しましたか?
    池江 オークスは切れ味だけで勝った感じでしたが、秋華賞は前半の1000mもかなり速く、その流れの中で前につけながら、後続に待機して末脚に賭けていた馬たちを封じ込めた、と。そういう競馬でしたね。

    ――エリザベス女王杯という選択肢は?
    池江 秋華賞前からJCというプランが出ていました。ローテーション的に詰めて使えないタイプなので、エリザベス女王杯よりジャパンカップの方がローテーション的にも距離的にもゆとりがあっていい。53キロで出れるのも魅力の一つ、ということで決めました。

    ――ここにきての成長ぶりは?
    池江 見た目はあまり変わりませんが、精神的にドッシリして動じない性格ですね。

    ――秋華賞後の状態は?
    池江 秋華賞は非常にいいデキだったんですが、同じくらいの状態で出走できると思います。

    ――今朝の調教はいかがでしたか?
    池江 コンディションを整えることと、テンションを上げすぎず(調教を)やり過ぎないという点を意識しました。いい調教ができています。

    ――今回のポイントは?
    池江 今回もゲートだと思います。秋華賞は大外で(ゲート内で)待たされる時間は短かったので良かったのですが、今回はどうなるかわからない。やはり、ゲートですね。

    ――枠順は気になりますか?
    池江 大外でもいいです。

    ――最後に一言
    池江 3歳牝馬は好走していますのでね、十分挑戦する価値があると思います。勝つつもりでがんばっていきたいと思います。
    (取材・写真:花岡貴子)

     
    【ジャパンカップ予想|共同会見|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    JC外国馬についていろいろなまとめ

    トレーディングレザー

    【ジャパンカップ(日曜=30日、東京芝2400メートル)注目馬25日朝の表情:東京競馬場】昨年の愛ダービー馬トレーディングレザーはダートを1周。均整の取れた馬体から繰り出される柔らかなキャンターは、さすが欧州の一流馬と思わせる。

     オドノヴァン助手「気配や反応など、普段のレース前と同じサインを出している。体はもう十分にできていますが、このピリッとした感触を維持させるために、ジョッキーの都合が合えば木曜(27日)に芝で少しだけ速いところをやるかもしれません」

    アップウィズザバーズ

    【ジャパンカップ(日曜=30日、東京芝2400メートル)注目馬25日朝の表情:東京競馬場】3走前の加GIIニジンスキーSの好時計Vが光るアップウィズザバーズはダートでキャンター調整。キビキビとした動きを見せたが、トレーディングレザーと比べると馬体、脚さばきともこぢんまりした印象。

     ラムサミー助手「順調ですね。日曜(23日)に追い切り(ダート4ハロン54・8―13・6秒)は済ませており、今後同じような速い運動はしません。水曜(26日)は馬場状態にかかわらず芝に入れてみる予定です」

     
    【JC【2014年】外国馬についていろいろなまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ