競馬(JRA)の2chまとめ・ツイッターのまとめ

競馬(JRA)の2chのまとめ・ツイッターのまとめなどです…。競馬ファンの皆様は是非チェックしてみて下さい。

    asa

    ダービー

    スマートオーディン|日本ダービー予想、徹底評価
     

     「日本ダービー・G1」(29日、東京)

     現役最多ダービー2勝トレーナーが自信を持って送り出す。スマートオーディンは27日朝、栗東坂路で4F71秒8-1F14秒6と軽くしまいを伸ばした。「順調に来ていますね」と松田師の口調は滑らかだ。

     5枠10番の枠には「流れが向いてきているのかな」と満足げな笑み。「皐月賞に出ていれば疲弊していたと思う。いっときいっときを無駄にすることなく、ひとつひとつをいい状態でクリアしている」と調整過程への手応えを口にした。

     
    スマートオーディン-前走、京都新聞杯

     

    文句ないパフォーマンス…

     


     

     

     

    日本ダービーの予想はここの予想を参考にしたいwwww
    だって無料予想で充分に当たるんだから
    池江道場の予想が熱いwww
    dadyni






    【スマートオーディン|日本ダービー予想、徹底評価】の続きを読む

    5
    モーリスは注目|ダービー卿CTまとめ
    モーリスは文句なし
     

     ダービー卿チャレンジトロフィーの追い切りが2日、美浦トレセンで行われた。1000万下から連勝中のモーリスは、派手な時計こそ出さなかったものの、抜群の手応えで併入して、サンケイスポーツ調教評価『S』を獲得。久々の重賞参戦でも気後れはなし。勝ってマイル界の新星となるか。

     今の勢いが走りからも見て取れる。上昇著しいモーリスが美浦Wコースで軽快な動きを披露。さらに連勝を伸ばしそうな気配だ。

     道中はゆったりとしたペースでマローブルー(500万下)の1馬身ほど後ろを進み、直線で内から馬体を併せて馬なりのままゴール。4ハロン54秒6、3ハロン39秒7-12秒8と際立つ時計ではなかったが、気性の悪い面を見せることもなく手応えは抜群で、仕上がりの良さが目を引いた。

     「やれば動くタイプなので、折り合いと気性面を考えながら調整している。きょうはサラッとやった程度だが、しまいの動きは良かったし、体調はいい」と橋本助手は状態の良さを強調する。

     2走前の若潮賞(1000万下)は、栗東・吉田厩舎からの転厩初戦で8カ月ぶりの実戦だったが、直線半ばで先頭に立って3馬身差の圧勝。続くスピカSは出遅れたうえに、5ハロン通過が63秒4のスローペースだったが、馬群の一番外を回りながら直線だけで他の10頭を差し切った。

     騎乗した戸崎騎手は「最後方からの競馬だったが、自信を持って乗っていた」とレースを振り返る。スタートや折り合いに課題を残す現状だが、それだけに可能性は計り知れない。

     形の上では昇級戦となるが、昨年のフジテレビ賞スプリングSで0秒4差の4着に食い込むなど、ポテンシャルが重賞級であることは証明済み。「相手は強いけど、能力が高いし期待している」と橋本助手が語れば、戸崎騎手も「能力的にここで止まる感じではない」と期待感を示す。遅れてきた大器がマイル界の新星になる。 (藤沢三毅)

    ★スクリーンヒーロー産駒は好調

     スクリーンヒーロー産駒は現4歳が初年度で、JRAの現役馬が33頭と多くはないが、今年は重賞に延べ4頭が出走してシンザン記念(グァンチャーレ)、毎日杯(ミュゼエイリアン)と2勝を挙げている。2頭はともにデビュー6戦目で、500万下を勝たずに重賞を制した。グラスワンダー産駒のスクリーンヒーローは4歳秋に急成長して条件馬の身でアルゼンチン共和国杯を勝つと、続くジャパンCも制覇。産駒にも父の成長力が受け継がれている。

     

     前走は衝撃のパフォーマンス

     

     
     
    ただ、今週から中山競馬場芝はBコース
    内が超絶イイらしい!!
     
     
     
    【モーリスは注目|ダービー卿CTまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ