リアルスティール|菊花賞2015年予想|まとめ



馬体診断は-A評価

 「菊花賞・G1」(25日、京都)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断を、デイリースポーツホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、牡馬クラシック最終章・菊花賞の出走予定馬をA~D評価しました。今回はA評価がリアルスティールの一頭だけという厳しい評価に。週末予想の参考にぜひ、どうぞ!

【写真集】週末予想の参考に!菊花賞馬体診断

 【リアルスティール=評価A】

 春よりはキ甲がしっかりと抜けてきて成長を感じさせる。1週前追い切り前日の撮影のため腹回りにシャープさはないが、攻めを積めばきっちりと引き締まりそうだ。春に比べると胸が深くなりボリュームが出てきた分、少し前駆体形に映るが、それでも神戸新聞杯よりはトモがパンとしてきたあたりは心強い。

 古馬になればマイル~2000メートルあたりでベストパフォーマンスを期待できそうだが、同世代相手の3000メートルなら能力の高さと折り合い次第で克服は可能。ただ、スピードが生きる舞台が大前提。爪の格好から、道悪競馬ではごまかしが利かない恐れがある。骨折明けを叩いた大きな上積みと、他馬との比較からA評価とする。(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉福永を背に栗東CWで6F81秒8-37秒7-12秒3(仕掛け)。ラングレー(4歳1600万下)を0秒4追走して0秒4先着した。申し分ない動きで、追われての反応も前走時以上。ひと叩きされた上積みは十分にある。

 

《リアルスティール-競走成績》

共同通信杯1着 ⇒ スプリングS2着 ⇒ 皐月賞2着 ⇒ 日本ダービー4着 ⇒ 神戸新聞杯2着

途中骨折があるに・・・普通にクラシックに乗っている。
 

 

 《リアルスティール-正攻法の競馬で強気でいこうと思っている》

【菊花賞(日曜=25日、京都芝外3000メートル)注目馬最新情報:栗東】リアルスティールの1週前追い切りは福永を背にウッド6ハロン81・8―37・7―12・3秒で全兄ラングレーに2馬身先着。折り合いはスムーズで鞍上の仕掛けに俊敏に反応した。

 矢作調教師「距離適性についてよく質問されるけど、この距離に対応できるように折り合い面や走りのバランスなど工夫して調整してきた。本番では正攻法の競馬で強気にいこうと思っている」

 



《リアルスティール-勝ちレース》

共同通信杯-2015年



1着 リアルスティール 福永祐一

2着 ドゥラメンテ 石橋脩

3着 アンビシャス ルメール

 

 

 

【リアルスティール|菊花賞2015年予想|まとめ】の続きを読む