競馬(JRA)の2chまとめ・ツイッターのまとめ

競馬(JRA)の2chのまとめ・ツイッターのまとめなどです…。競馬ファンの皆様は是非チェックしてみて下さい。

    asa

    競馬予想

    5

    天皇賞秋予想|共同会見まとめ



    天皇賞秋の予想も注目…
    只今無料予想を公開中!!
    競馬総本舗ミリオン口コミ

    ↑↑
    指定サイトから無料会員になることを推奨しますw

     

    サトノクラウン鞍上ルメール「今年の3歳馬は強い」/天皇賞秋共同会見

     29日(木)、サトノクラウン(牡3・美浦・堀宣行)がルメール騎手を背にウッドチップコースで最終追い切りを消化した。追い切り後に堀調教師とC.ルメール騎手の共同記者会見が行われた。

    ■堀宣行調教師
    (ダービー3着後、ここまでの調整過程を)
    「ダービー後の疲れが大きかったので、一旦ノーザンFしがらきに放牧しました。1か月くらいたった後もまだ疲れが抜けない状態でしたので、秋は直近で使うとすれば天皇賞、もしかしたらそれよりもっと押していくかもしれないという判断でした。夏場の暑い時期は無理をせず、その後涼しくなってから徐々にピッチを上げてきて、これなら天皇賞に行けるだろうということで入厩しました。いつもは競馬の1か月前くらいで入厩させるのですが、今回は1か月半くらいの早めの入厩をして段階的に調整をしてきたという感じです」

    (今朝の追い切りの狙いと感想を)
    「今週の火曜日から、後背部、背中の後ろのところにできものができました。それによって追い切りを延ばすかどうかいろいろ思案したのですけど、昨日の段階で膿みが出て楽になりましたし、今朝の段階で追い切れるという判断でした。追い切りでは患部を気にしていないかどうかを、ジョッキーには1番確認してもらいたいところでした。

     調整の方は段階的に上げてきていましたが、先週しっかりやった段階で、今週はいつもの競馬前の追い切り程度で調教の量としては大丈夫だろう、そこまで仕上がっているだろうということでした。今日の追い切りでも、ジョッキーの方も(患部は)気にしていないということでしたし、調教の量としても当初予定していた内容で来ていますので、順調に調整することができたと思います」

    (春と比べて変わってきた点、成長した点は?)
    「メンタルの方は、春はまだ少しイライラ、カリカリしているところがありましたが、この秋はどっしり落ち着いています。あとこの馬はトモの仙腸関節に大きなズレがあるため、ローテーションに気を遣わなければいけない部分があります。ズレ自体は治らないのですが、周りの筋肉が鍛えられてきていて、だいぶアンバランスさが目立たなくなってきています。それも精神面の方に好影響を及ぼしているのかなと思っています」

    (菊花賞ではなく天皇賞を選択した理由は?)
    「先ほど言ったように、馬体に大きなウイークポイントがありますので、現状の完成度だとやはり3000mというのは脚元を含めてまだまだ怖いところがあります。そういった観点からの判断です」

    (東京コースは3戦2勝だが、コース適性については?)
    「今、日本で競馬をしている限りでは、東京が1番適性があるのかなと思っています」

    (3歳世代と古馬との戦いについて)
    「アローワンスで斤量も軽く設定されていますけれども、状態が1番大きいと思います。ただ個人的には何となくの印象ですけど、最近古馬になってくるに従って馬が痛んできて、自分のパフォーマンスを出せない場面というのが多々ありますので、そういった意味で斤量をもらっている3歳が有利となる状況もあるのかなと思います」

    (この馬の長所を生かすレース運びは?)
    「現時点でお話しできることは少ないのですが、ゲートが春はウイークポイントとなっていましたので、五分のスタートをしっかり切りたいと思っています」

    ■C.ルメール騎手
    (ダービー3着を振り返って)
    「皐月賞、ダービーと非常に良い競馬でしたが、両レースとも若干出遅れてしまいました。スタートが遅かったので、なかなか勝利は難しかったのですが、非常に良い競馬が2回できました。ドゥラメンテという素晴らしい馬がいましたので勝てたかどうかはわからないですが、出遅れがなければもう少し近づけたのではないかと思います」

    (今日の追い切りについて)
    「反応がとても良かったです。ストライドも問題なく、コンディションもとても良かったです。休み明けでの天皇賞になりますが、今は馬の状態はとても良いです」

    (春と比べて変わってきたところは?)
    「前と比べると精神的にも成長していますし、それプラス、体自体も大きくなって筋肉が増えていて、馬体も成長しています」

    (東京2000mについて)
    「スタートによりますね。もし良いスタートが切れて良いポジションが取れたなら、2000mは問題ありません。もし出遅れたら2000mと(前走より)距離が短くなる分、取り戻す時間が短いと思います」

    (古馬と初めての対戦になるが?)
    「3歳馬が古馬とレースするのは普通なら難しいと思いますが、今年は特に、強い3歳馬が何頭もいます。ドゥラメンテが1番強いですが、サトノクラウンが2番手、3番手くらい、トップ3には入ると思います。能力的にもGI馬になるという自信を持っていますし、古馬相手でも良い競馬ができるという自信があります」

    (理想のレース運びは?)
    「スタートがポイントになってくると思いますが、良いスタートができて5、6番手くらいのポジションが取れれば、直線に入ってから差し脚を見せてくれると思います」

    (ファンへのメッセージを)
    「今週は天皇賞です。サトノクラウンはダービーで3着と走ってくれましたし、とても良い馬です。僕も自信がありますので、応援をお願いします。ありがとうございました」
    (取材・写真:佐々木祥恵)

     
    ディサイファ小島太師『今ならばという感じ』
     
    【天皇賞秋予想|共同会見まとめ】の続きを読む

    5

    宝塚記念予想、間違いなく不気味な1頭|ディアデラマドレ

     


    ここの無料予想熱すぎ
    無料情報当てまくり!! 
    teki1
    的中ダイヤモンドがオススメ

    宝塚記念1週前調教ニュース

     《栗東》天皇賞・春でGI6勝目を飾ったゴールドシップ(須貝、牡6)は、横山典騎手が騎乗してCWコースで一杯に追われて6ハロン78秒2-12秒5の好時計をマーク。「気分よく走っていたし、順調です。きょうは厩舎を出るときもスムーズで、またがったときの雰囲気もよかった。久しぶりにお利口さんでした」と横山典騎手は笑顔。函館にいた須貝調教師は動きを動画で確認し、「1頭であれだけ動けていたら十分。ノリちゃんが促す感じで気合を入れてくれたね」と好感触。史上初の3連覇へ、順調だ。

     菊花賞1着以来のトーホウジャッカル(谷、牡4)は、坂路でクリノダイコクテン(500万下)と併せ馬。1馬身遅れたが、4ハロン51秒7-12秒8の好時計。「手応えが怪しくなってから、動かすと相手に食らいついていた。これでピリッとしてくれば」と騎乗した藤懸騎手(実戦は酒井騎手)は力を込めた。

     ドバイシーマクラシック3着ワンアンドオンリー(橋口弘、牡4)は、M・デムーロ騎手が騎乗して坂路で一杯に追われて4ハロン54秒5をマーク。ミカエルシチー(未勝利)に半馬身遅れたが、「馬場が悪いからね。仕掛けてからの脚はしっかりしていたし、太め感もないよ」と橋口弘調教師は楽しみな様子。

     角居厩舎は3頭出し。ラキシス(牝5)とディアデラマドレ(牝5)はCWコースで3頭併せ。ゴール板を過ぎてもしっかり追われて、5ハロン68秒6で駆け抜けたラキシスが最先着。外ディアデラは半馬身遅れた。「ラキシスは追い切るごとによくなってきているし、騎手が乗ってスイッチが入ってきて、体も仕上がっている。ディアデラは、来週やれば整う」と辻野助手。

     デニムアンドルビー(牝5)はCWコースで5ハロン67秒7。浜中騎手は「去年の今頃はずっと馬体が寂しかったが、今年はずっといい状態で走れている。舞台が阪神に替わるのはいいと思う」と語った。

     ショウナンパンドラ(高野、牝4)は、坂路でラスト1ハロン11秒9(4ハロン53秒5)とシャープに伸びた。騎乗した池添騎手は「引き続きいい状態。馬場が荒れた時間帯でもしっかりした動きでしたね」と好感触。

     《美浦》昨年のオークス馬でヴィクトリアマイル6着ヌーヴォレコルト(斎藤誠、牝4)はWコースを軽快なフットワークで、6ハロン80秒6-12秒8をマークした。斎藤誠調教師は「単走でしまいだけ伸ばすように。体はできているし、落ち着いていい感じ。テンションを上げる必要はないので、来週もさらっとの予定」と巻き返しへの意欲は満々だ。

     天皇賞・春5着以来のネオブラックダイヤ(鹿戸、牡7)はWコースで5ハロン70秒4-13秒5。「もともと調教ではそれほど動かないからね」と高橋助手。

     
    ディアデラマドレの強調点
     
    【宝塚記念予想、間違いなく不気味な1頭|ディアデラマドレ】の続きを読む

    5

    2015年函館スプリントS予想|調教(追い切り)ニュースのまとめ 



    無料情報当てまくり!! 
    teki1
    的中ダイヤモンドがオススメ




     

    アンバルブライベン、初芝馬なり12秒2

     高松宮記念15着以来のアンバルブライベンは函館芝コースで単走。ラスト1Fは馬なりで12秒2と、初参戦の函館でもリラックスしている。

     「馬場も特に重い感じはしなかったし、初の洋芝というのはあまり意識しなくても良さそう。枠順次第だけど、ハナは主張していきたいですね」と田中健騎手。京阪杯、シルクロードSを逃げ切った名コンビが、函館開幕を大いに盛り上げる。(夕刊フジ)

     
    コパノリチャード上々2馬身先着
     
    【2015年函館スプリントS予想|調教(追い切り)ニュースのまとめ】の続きを読む

    5

    安田記念|直前情報まとめ  


    teki1
    的中ダイヤモンドがオススメ


     

     7日に東京競馬場で行われる、第65回安田記念(3歳上・GI・芝1600m・1着賞金1億円)の前日オッズがJRAより発表された。

     単勝オッズ1番人気には、転厩後3連勝でダービー卿CTを制したモーリス(牡4、美浦・堀宣行厩舎・3.8倍)が支持された。

     続いての2番人気は昨年のマイルCSで2着に入ったフィエロ(牡6、栗東・藤原英昭厩舎・4.9倍)、3番人気は同条件の東京新聞杯を勝ったヴァンセンヌ(牡6、栗東・松永幹夫厩舎・7.2倍)となった。

     以下、GI・2勝目を狙うミッキーアイル(牡4、栗東・音無秀孝厩舎・7.8倍)、昨年のマイルCSを制したダノンシャーク(牡7、栗東・大久保龍志厩舎・9.3倍)、豪遠征帰りのリアルインパクト(牡7、美浦・堀宣行厩舎・13.5倍)と続いている。各馬の単勝オッズは以下の通り。

     左から馬番、馬名、オッズ

    06 モーリス 3.8
    10 フィエロ 4.9
    13 ヴァンセンヌ 7.2
    05 ミッキーアイル 7.8
    02 ダノンシャーク 9.3
    09 リアルインパクト 13.5
    08 レッドアリオン 20.7
    16 カレンブラックヒル 21.0
    03 ダイワマッジョーレ 23.2
    01 サンライズメジャー 24.5
    12 クラレント 31.1
    15 ケイアイエレガント 32.2
    07 サクラゴスペル 38.1
    04 メイショウマンボ 39.9
    14 サトノギャラント 48.9
    11 ブレイズアトレイル 66.1
    17 エキストラエンド 67.4

     その他、馬連は06-10が12.0倍、馬単は06-10が20.0倍、3連複は06-10-13が20.5倍、3連単は06-10-13が72.1倍でそれぞれ1番人気となっている。

    ※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。

     
    安田記念
     
    【安田記念|直前情報まとめ】の続きを読む

    5

    安田記念予想|共同会見のまとめ



    競馬予想は
    ここの無料予想が激アツ・・・!!
     

    no title




     

    リアルインパクト堀師『7歳なりに成長』

     この春のオーストラリア遠征で2戦1勝2着1回と結果を残したリアルインパクト(牡7・美浦・堀宣行)が、安田記念(GI・芝1600m)に出走する。同馬を管理する堀宣行調教師の共同記者会見が、美浦トレーニングセンターで行われた。

    (2着、1着という結果を残したオーストラリア遠征について)
    「違う環境の中で馬はよく頑張ってくれましたし、ジョッキーも初戦からこの馬の適性を素早く見抜いて、能力を出してくれたと思います」

    (帰国してからの調整過程について)
    「オーストラリアに関しては検疫がかなり厳しく、競馬学校で1週間の着地検疫、ノーザンファームしがらきで3週間、その後入厩してから安田記念まで3週間強とかなりタイトなスケジュールになりました。その中で馬が非常に頑張ってくれて、コンディションはキープしていると思います」

    (最終追い切りについて)
    「着地検疫明けということもあり、調教の期間が短くて先週までは足りないと感じていましたので、少ししっかりめにやりました。そういった意味でも先週より終いの切れ味は出ていますし、一歩前進しています」

    (7歳にして今のこの頑張りについては?)
    「体調さえ整えられれば4歳は4歳なりに、7歳は7歳なりに成長してくると思いますので、そういった意味では高齢というのは関係ないと思います」

    (3歳で制した安田記念を振り返って)
    「あの時は積極的な騎乗で、この馬の持ち味を生かして良いレースだったと思います」

    (結果が出ていなかった昨年春と最近の違いについて)
    「体調面が1つと、あとはレースへの流れの乗せ方といいますか、ジョッキーの騎乗の方法だと思います。あの頃は1200mを2戦(オーシャンS・8着、高松宮記念・9着)して、その後に1600mの安田記念(13着)に出走しましたが、馬の持ち味を出す形に噛み合っていなかったように思います」

    (成績が出ていなかった時には馬具の工夫もしていたようですが?)
    「馬具は対症療法と言いますか、状態が良くない時にそれを補うために馬具を工夫します。状態が良くなれば、馬具は外していくものです。体調が整ってくれば、そういった馬具は必要ありません」

    (7歳で迎える安田記念について)
    「引き続き良い流れで来ていますので、体調もキープしていますし、この馬の能力をしっかり出してほしいです」

    (良い流れになるきっかけは?)
    「牧場も含めてこの馬の調整方法を掴んできたのが大きかったと思います」

    (最後にファンへのメッセージを)
    「良い状態で出走させて、この馬の持ち味をしっかり出して、良い競馬をしてくれればと思っています」
    (取材・写真:佐々木祥恵)

     
    モーリス堀師『まだまだ良くなりそう』
     
    【安田記念予想|共同会見のまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ